結婚式場

選ぶときには

祈る女性

最近、葬儀の形式が変化している。
以前、親戚・関係者を一同に会した、大掛かりな葬儀が行われるケースが多かった。
しかし、近年は簡素化された葬儀が多くみられる。
従来は約200万から300万が費用の相場といわれていたが、最近はそれだけ費用をかけて行われることが少なくなっている。
約100万前後の家族葬、究極なものは30万前後の直葬(火葬のみ)である。
これは冠婚葬祭全般にいえることであるが、家族・親戚の人数が少ない、また経済的な理由から、シンプルな形式で行われるケースが増えている。
葬儀についてもその傾向は強く、私自身も家族葬を実施したが、死者を気持ちよく送り出す事、生前にお世話になった人に迷惑・不快な思いをさせたくないという事だけは細心の注意をはらった。

費用面でもシンプルな傾向にあると述べたが、形式自体がシンプルになっている部分が一番大きい。
以前は100人以上収容するホール・寺院などで僧侶を呼び、スタッフも人数をかけるような形式の葬儀が多かったと思う。
最近では前段でも記した、少人数の家族葬、密葬が増えている。
そして核家族化が進み、家族・親戚の人数も減っている事も規模の縮小傾向に拍車をかけていると思われる。
これは都会にいくほどその傾向は強い。
葬儀自体は簡素になっているものの、残された遺族からすると、現在の傾向の方が肉体的にも精神的にも負担が軽減されることにつながっているのではないかと思われる。
おそらく今後の簡素化の方向に向かうと思われるが、その時代に合う形式のものができればよいと思う。